あおもり飲食店感染防止対策認証制度

HOME

ワクチン・検査パッケージについて

HOME

ワクチン・検査パッケージについて

飲食店等におけるワクチン・検査パッケージ制度の適用事業者登録を開始しました!

ワクチン・検査パッケージ登録店舗リスト

ワクチン・検査パッケージ制度の概要

飲食店等の事業者が、入店者の利用者のワクチン接種歴又は検査結果の陰性のいずれかを確認することにより、感染リスクを低減させ、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等において課される行動制限を緩和するものです。
なお、感染が急速に拡大し、医療体制のひっ迫が見込まれる場合においては、国・県の判断でワクチン・検査パッケージを適用せず、強い行動制限を要請することがあります。
行動制限の緩和の適用を受けようとする場合は、ワクチン・検査パッケージ制度を適用する旨の登録申請を県に行う必要があります。

制度の適用対象となる事業者

飲食店

「あおもり飲食店感染防止対策認証制度」に基づく認証を受けた飲食店を営む事業者が適用の対象となります。

カラオケ店

飲食を主として業としていない(食品衛生法の営業許可を受けていない)カラオケ店を営む事業者が適用の対象となります。

制度を適用するメリット

飲食店

人数制限(同一グループ・同一テーブルでの5人以上の会食が可能)

ワクチン・検査パッケージ制度に登録した場合、緊急事態措置区域やまん延防止等重点措置区域等になった場合においても、同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を行うことができます。
なお、当該5人以上の利用者全員のワクチン接種歴又は検査結果の陰性を確認することが必要です。

カラオケ店

緊急事態宣言時、収容等の上限を50%としつつカラオケ設備の提供可能

ワクチン・検査パッケージ制度に登録した場合、緊急事態措置区域になった場合においても、収容率の上限を50%としつつ、カラオケ設備を提供することができます。
なお、来店者全員のワクチン接種歴又は検査結果の陰性を確認することが必要です。

ワクチン接種歴と検査の確認内容・方法

「ワクチン・検査パッケージ」制度登録店においては、今後、緊急事態措置区域、まん延防止等重点措置区域に指定された場合や、感染拡大の傾向が見られる場合に、下記の事項を実施してください。

飲食店に5人以上で来店されたお客様について、入店時に下記のいずれかを確認してください。

ワクチン接種歴

事業者は、予防接種済証等(接種証明書、接種記録書等を含む。)により、利用者が2回接種を完了していること、2回目接種日から14日以上経過していることを確認します。
その際、身分証明書等により本人確認を行います。

検査結果

検査結果については、PCR検査等(LAMP法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含む。)が推奨されていますが、事前にPCR検査等を受検することができない場合、抗原定性検査も利用することができます。
未就学児(概ね6歳未満)については、同居する親等の監護者が同伴する場合には、検査は不要です。(6歳以上~12歳未満の児童については、検査結果の陰性確認が必要。)

PCR検査等の検査結果の確認

事業者は医療機関又は衛生検査所等が発行した結果通知書等により、利用者の検査結果が陰性であることを確認します。その際、身分証明書等により本人確認を行ってください。検査結果の有効期限は、検体採取日より3日以内となります。

抗原定性検査の検査結果の確認

事業者は検査実施者が発行する結果通知書により、利用者の検査結果が陰性であることを確認します。その際、身分証明書等により本人確認を行ってください。
検査結果の有効期限は、検査日より1日以内となります。

登録の流れ

登録を希望する認証店、カラオケ店の事業者は、登録申請書を「あおもり飲食店感染防止対策認証事務局」に提出します。
登録した認証店等にはステッカーを交付し、ホームページで公表します。
なお、ステッカーの送付は2月上旬を予定しています。

STEPSTEP

申請方法

あおもり飲食店感染防止対策認証制度公式ホームページから登録申請書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、あおもり飲食店感染防止対策認証事務局に郵送又はFAXで送付してください。
なお、ダウンロードが困難な場合は下記コールセンターまでお問い合わせください。